アイフルの借入残高の確認方法について|キャッシングNAVI

アイフルの借入残高の確認方法について|キャッシングNAVI

MENU
カードローンランキング

アイフルの借入残高の確認方法について|キャッシングNAVI

借入は必ずアイフルでという方も少なくありませんが、その魅力はどんなところにあるのでしょうか?一つ挙げられるのは、審査手続きの基準が銀行のように厳しくないことです。銀行では収入はそれなりに高額である必要がありますし、雇用形態についてもアルバイトなど不利になったり、居住形態もマイホームじゃなければ借りられない可能性もあります。ところが、消費者金融であるアイフルには、銀行のような厳しい審査基準はありません。雇用形態については正社員じゃなくても、定期的な収入さえあればアルバイトでもパートでもよく、特に職種が問われることもありません。要は、ほとんどの人が気軽に借入することができるのがアイフルなのです。そしてこの審査の緩さこそが、アイフルの最大の魅力ともいえるでしょう。では、何も心配することはないのかといえば、借りるときに注意しておくべきこともあります。それは、金利の計算を細かく行っておくことです。これはアイフルに限ったことではありませんが、消費者金融は金利が比較的高く設定されているので、最初にしっかりと金利計算を行っておかなければ、後で大変なことになります。特に注意しなければならないのは、借入期間が長期になる場合です。借入が短いと利息額もそれほど負担になりませんが、利息は借入期間が長くなるほど負担金額が大きくなっていくので、そこを注意しなければなりません。今はコンピューターを使って事前に金利計算を行うことができるので、必ずそれを利用して金利計算と完済日までの返済シミュレーションをしておきましょう。ところで、金利計算をどのように行うかご存じでしょうか?それは、ご利用残高×借入利息÷365日×借入日数=利息、という計算式で行うことができます。ここに自分の残高や借入日数などを当てはめて計算していけば、実際の利息額を算出することができます。繰り返しになりますが、消費者金融のメリットは審査が甘くて借りやすいところですが、デメリットは金利が高くて、借入期間が長くなると返済しづらくなることです。この二つの特長をよく理解したうえで借入申込を行う必要があります。安全に借りるためにはデメリットを減らしていくことですが、そのためには事前に計画を立てること、特に金利計算をしっかり行っておくことです。今なら簡単に無料で金利計算やシミュレーションができるので、必ず借りる前にこれを利用して不安を取り除いておきましょう。

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

アイフルの借入残高の確認方法について|キャッシングNAVI関連ページ