アイフルの融資|審査基準や審査スピードはどう?

アイフルの融資|審査基準や審査スピードはどう?

MENU
カードローンランキング

アイフルの融資|審査基準や審査スピードはどう?

アイフルで融資を受けるための基準を知っておけば、お金が急に必要になったときにいつでも借入の申請を行うことができます。アイフルは、銀行のように預貯金を作ってお金を預けるような金融機関ではありませんので、法律的には貸金業者という分類でサービスを提供します。金融機関と貸金業者の分類は非常に大切で、これらの業種の違いはそのままサービスの違いとして現れます。金融機関も貸金業者も確かに消費者に対して融資を提供することが可能な業種に違いはありませんが、法律的な立場が全く異なるという事実を知っておくことが大事です。金融機関は、消費者に対してお金を貸すというサービスを提供する以外にも金融商品という商品を提供して消費者に対して何らかの金銭の還元を行うサービスを提供しています。例えば、口座を作ってもらって金利を相手につけることはこの典型的なサービスです。こうした様々なサービスを提供するためには、それらのサービスに関してしっかりと定義されて規定が設けられている法律が適用されなくてはいけません。そのため、金融機関では包括的なサービスを許可するための法律として銀行法という法律が適用されるわけです。日本全国の金融機関では、この銀行法をもとにサービスが提供されます。一方で、貸金業者であるアイフルなどは金融機関のように色々なサービスを消費者に対して提供するということができません。そのかわりに、消費者に対してお金を貸すという一点だけに関しては金融機関にも負けないサービスを提供するようにしているのです。貸金だけを特別に追及して提供するため、アイフルなどの貸金業者には貸金業法と言う特殊な法律が適用されます。銀行法と貸金業法には大きな違いがいくつもありますが、その中でも最も大きな違いがあるのは融資に関する安全面の規制に関する違いです。金融機関は、大口の融資を行うことができるのでそれらに関するルールを金融機関が決めることが出来るように銀行法の中で柔軟な規定がいくつも存在します。しかし、直接的に消費者と少額の融資のやり取りを行う貸金業者にはより安全面を考慮した規制が適用されますので、貸金業者が好き勝手に判断をしてお金を貸すことが出来ないようになっているのです。貸金業のサービスは全て法律によって管理されているので、万が一にでも消費者が不利な立場にならないように配慮がされています。だからこそ、アイフルでは誰でも安全に借りることが出来るわけです。

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

アイフルの融資|審査基準や審査スピードはどう?関連ページ