【アイフル】総量規制だから気を付けなければいけない2点

【アイフル】総量規制だから気を付けなければいけない2点

MENU
カードローンランキング

【アイフル】総量規制だから気を付けなければいけない2点

総量規制という言葉を聞いたことがないという人も多いと思います。これは2010年に貸金業法が改正されたことで大きな影響をもつようになったものなので、知らない人が多いのも当然です。銀行は銀行法が適用されるので、このような規制はなく、普段銀行しか利用しないという人では耳にする機会がないでしょう。この規制は貸金業法で定められているので、消費者金融のアイフルで融資を受ける人は知っておいたほうが審査で有利になる場合があります。総量規制とは、簡単に言えば「年収の3分の1を超える貸付ができない」という制限です。この「年収の3分の1」の中には、すべての貸金業者で借りているお金をすべて含むので、他社ですでにたくさんお金を借りているという場合には要注意です。例えば、年収300万円の人は総量規制により貸金業者では100万円までしか借りられませんが、すでに他社の消費者金融から80万円を借りているならアイフルでは20万円までしか借りられないということになります。信販会社やクレジット会社は基本的には対象外なので、クレジットカードのショッピング枠などは含まれませんが、信販会社カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は含まれてしまうことに注意が必要です。例えば、キャッシング枠20万円のクレジットカードを5枚持っている人は、すでに100万円を借りていると見なされてしまう場合があるということです。実際に利用していなくても、枠があるということは、「その気になればいつでもその枠いっぱいまで借りられる」ということなので、計算に入れられてしまいます。この規制は個人の消費者を借りすぎによる生活破綻から守るためにできた法律なので、この目的に合わないものについては除外されています。住宅ローンや自動車ローンなどの担保が付いているローンは除外されています。おまとめローンは消費者にとって有利なサービスなので、これも除外されています。銀行はそもそも貸金業法の適用を受けないので、対象外です。つまりは、銀行からの借金や、自動車ローン、住宅ローン、おまとめローンなどがいくらあっても、総量規制にひっかかることはないということです。アイフルの審査では、年収や勤務形態、勤続年数、個人信用情報などが重要ポイントとなっていますが、これらの項目で問題がないのに審査に通らないという人は、総量規制にひっかかっていないかを確認してみましょう。キャッシング枠つきのクレジットカードをたくさん持っている人などはひっかかりやすくなっています。

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

【アイフル】総量規制だから気を付けなければいけない2点関連ページ