アイフルの自動引き落とし返済のメリット・デメリット

アイフルの自動引き落とし返済のメリット・デメリット

MENU
カードローンランキング

アイフルの自動引き落とし返済のメリット・デメリット

アイフルは多くの返済方法を用意しており、振り込み、引き落とし、店頭窓口、ATMなどがあります。カードタイプで借りるローンなのでATMで返済する方が目立ちますが、一番おすすめの方法は自動引き落としなのです。口座振替とも呼ばれており、事前に手続きを済ませることで利用できる方法です。アイフルに限らず、消費者金融や銀行のキャッシングの返済方法として最適なのは引き落としです。この方法ですと、返済を忘れてしまう心配がほとんどないのです。口座にお金を入れておけば、自動的に引き落としされるので安心です。窓口やATMで返済する場合ですと、たまに忘れることもあるでしょう。しかし、たまに忘れるだけでも信用力にはキズがつきます。1日くらい遅れても大丈夫とか、2ヶ月以上遅れなければ事故情報には登録されないなど、ネット上には根拠のない噂も数多くありますが、実際には1日遅れるのもダメです。金融機関の顧客データには遅延履歴が残されるので、何度も遅れていると限度額を下げられたり、借入できなくなったり、最終的に契約を解除されたりします。肝心なときにお金を借りられないと、キャッシングの意味がなくなります。ペナルティを受けるときは、事前連絡はしてくれない業者がほとんどです。引き落としを特におすすめしたいのは、借入先が多い方です。たくさんの業者から借入していると、借入状況を把握しにくくなり、返済を忘れてしまうローンも出てくるでしょう。返済したつもりが1社だけ忘れていたというケースは思いのほか多いです。アイフルは一括返済も可能なので、毎月の約定返済に加えて利用していきましょう。口座振替だと指定の金額だけの返済となり、カードのように多めに返済したいときに不便です。そこで、ある程度資金が貯まったら一括返済をしてしまうのです。アイフルのローンは利息が日割りで発生するので、返済は早いほどお得になります。完済まで長期をかけるほど、支払う利息は増えてしまうのです。特に借入額が大きい方は、比例的に利息も大きくなります。利息を抑えるためには、短期間で返済すること、借りる金額を減らすことがポイントなのです。一括返済はボーナス返済とは異なり、義務はまったくありません。あくまで任意で行うものであり、お金に余裕があるときに行なえばいいのです。ただ、計画的に返済をするためには、具体的にいつ繰り上げ返済をするべきか決めておくといいでしょう。お金を借りるとき以上に、返済には計画性が必要です。

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

アイフルの自動引き落とし返済のメリット・デメリット関連ページ